社会貢献活動

社会貢献への取り組み

環境ボランティア活動

アサヒディードは環境保全への取り組みの一環として、「グリーンアップキャンペーン」を続けています。今後のホール業界にとって、環境保全を意識していくことは非常に重要であり、温暖化が進む現在においては、企業規模での環境配慮が重要視されています。決して大きな規模のことができるわけではありませんが、ひとつの企業ができることを継続的に実施することに意味があると当社は考えました。この活動を続け、企業の社会的責任を意識して、行動・実践していきたいと思います。

環境ボランティア活動

①グリーンアップキャンペーン(緑の募金活動)
②植樹によるボランティア活動 (貝塚市蕎原の森にて緑の保全活動)

公益財団法人 大阪みどりのトラスト協会にご協力をお願いし、本部・全店舗にて「グリーンアップキャンペーン」緑の羽根募金活動を行っています。これは、従業員や店舗に来ていただくお客様にとってもなじみの深い活動となっています。 また同じ活動の中で、当社の 「イル・サローネ貝塚店」もある貝塚市「蕎原の森」で、社員・ スタッフが参加し緑の保全活動を行なっています。和泉葛城山麓「蕎原の森」は、大阪府南部の貝塚市に位置する、雑木林と人工林です。当社では森林を蘇らせるべく、 里山で森林を育てる植樹、下草刈りなどを行っています。

スペシャルオリンピックス協賛

「企業は社会の公器である」とアサヒディードは考えています。
「一人ひとりができる小さな善意でも、コツコツ育てれば、必ず大きな成果となる」という気持ち大切に、福祉団体の活動や障がいのある方々の自立および社会参加、またその活動をサポートする団体の活動支援を行っています。

「スペシャルオリンピックス」とは

「スペシャルオリンピックス」とは

知的障がいのある人々(アスリート)にさまざまなスポーツに親しみ、トレーニングする機会を提供する国際組織です。また、スポーツトレーニングの成果を発表する競技会への参加も支援しています。

(アサヒディードの参加活動)

  • 大阪地区水泳競技会
  • 全国ユニファイドサッカー大会
  • 大阪地区ボウリング競技会
  • 共生・共走リレーマラソン

スペシャルオリンピックス活動への参加

スペシャルオリンピックス活動への参加

現在の「スペシャルオリンピックス日本(SON)」は、JSOC解散後、 熊本の有志により、新たに「スペシャルオリンピックス・熊本」が1993年に設立されたことからはじまります。その後、1994年に「スペシャルオリンピックス日本」が国内本部としてスペシャルオリンピックス国際本部の認証を受け発足、現在は、公益財団法人として認定を受け活動中です。
現在、スペシャルオリンピックスの国際本部は米国ワシントンD.C.にあり、世界175か国以上で310万人を超えるアスリートが参加。その活動は 75万人を超えるボランティアに支えられています。
スペシャルオリンピックスは、知的障がいのあるアスリートと市民ボランティアがスポーツを通じて自然な交流を育むことにより、「ソーシャルインクル-ジョン(包み込む社会)」を促進する一助になることを目指しているのです。

児童福祉に関する活動

【大阪福祉防犯協会】を通じてサポートする団体の中に、「社会福祉法人 慶徳会 子供の家(茨木市)」があります。当社では、代表の板倉行央が大阪福祉防犯協会の副会長を務めているご縁もあり、同団体の活動に共感し、少しでも何かご協力が出来ればという想いからサポート活動を継続して行っております。

「慶徳会」とは?

「慶徳会」とは?

さまざまな理由により養護を必要とする児童をお預かりして、家庭にかわって養護し、健全な社会人として自立することを支援している施設です。一人ひとりの個性を認め、それぞれの自己実現を追求し、心豊かな社会人として自立できるようサポートしています。
施設は子どもたちにとっての生活の場です。施設では、自主性・自律性を重んじながら、“子どもの最善の利益”を求め職員たちとともに皆仲良く日々の生活を送っています。その中で、地域との交流活動など、一人ひとりが心豊かなたくましい子どもに育つよう援助されています。

アサヒディードと慶徳会との関わりについて

アサヒディードと慶徳会との関わりについて

毎年クリスマスの時期に慶徳会様を訪問させていただき、お子様の人数分の図書カードとクリスマスプレゼントをお渡しする活動を継続して行っております。訪問当日は、劇や歌のプレゼントと手作りの感謝状やメダル、カレンダーをいただきました。

就労支援に関する活動

地域の社会福祉施設「ささゆり作業所」「夢二色」「クッキー工房マミー」で作られた製品を「イル・サローネ泉佐野店」「イル・サローネ貝塚店」の2店舗で賞品としてお客様に提供しております。

ささゆり作業所とは?

ささゆり作業所とは?

「社会福祉法人 清光会」が大阪府泉佐野市で運営している社会福祉施設です。 障がいなどの理由により、一般企業に雇用されることが難しい方が、リハビリや職業訓練も含めて働き、 社会参加を実現している施設です。開所以来地域社会との繋がりを大切にして、 地場産業であるタオル加工作業を中心に、プリント作業、エプロン作業、リサイクル作業、手袋作業、 縫製作業等、日々幅広い活動を展開しています。

夢二色とは?

夢二色とは?

「社会福祉法人 二色福祉会」が大阪府貝塚市で運営している社会福祉施設です。障がいを持っている方がいきいきと働き、暮らし、そして人生を楽しむことのできる場の提供を目指し、泉南地域を中心とした在宅中の主に知的障がいのある方にとって日中活動の場となるように施設を運営しています。具体的には農作業や織物、パン・クッキー作りを通して「生活介護事業」及び「自立訓練事業」を行っています。

依存問題対策

パチンコは国民に愛される娯楽です。私たちアサヒディードはパチンコの『負の側面』にも 向き合い、依存問題対策を継続的に取組みます。

1.『予防』  

リスクの予防措置。働く全ての従業員が依存問題について、 継続的に正しく学び、 行動します。

2.『リスクへの対応』

依存問題に対する対応。「行き過ぎたのめり込み」のリスクを認識し、依存問題 対策を率先して取組みます。

3.『CSR・社会』

活動の情報公開。依存問題対策に関わる活動を自社HPなどで持続的 に発信します。

活動内容
  • 自己申告、家族申告プログラムの全店導入

    自己申告、家族申告プログラムの全店導入

  • リカバリーサポートネットワークのポスター掲示

    リカバリーサポートネットワークのポスター掲示

  • 遊び方リーフレットの全店設置

    遊び方リーフレットの全店設置

  • 社内外の勉強会実施

第16回 失敗学会 大阪夏の大会講演報告

第16回 失敗学会 大阪夏の大会講演報告

特定非営利活動法人『失敗学会 大阪夏の大会』【主催:失敗学会 大阪分科会】にて会員の方へ向けて『社会の中のパチンコ業界』というテーマで講演を行わせて頂きました。
今回は、ギャンブル依存問題対策セミナーに参加させて頂く中で、懇意にさせて頂いた関係者の方からお誘いを受けてお話する機会を頂きました。
背景としては私達、パチンコ業界で働く人達と社会との間にイメージの差があり、パチンコ業界の現状を知ってもらえる様にお伝えしました。

依存問題対策についての社内勉強会を実施

依存問題対策についての社内勉強会を実施

『社会の中のパチンコ業界』として事業の『プラスとマイナスの側面』を確認してパチンコ及び業界の理解を深める事が出来ました。
パチンコの社会的価値を理解していく為には、依存問題対策等を含めて『負の側面』に対する活動に継続的に取組む事もパチンコのプラスの側面が評価される為にも必要な活動と考えています。
弊社では、今後従業員に依存問題の指導と合わせてパチンコの社会的価値を説明する事で正しく『社会の中のパチンコ』を理解すべく研修を実施しております。

アサヒディードについて